【補助金】(第5回1/22迄)小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>について

小規模事業者持続化補助金
<低感染リスク型ビジネス枠>

公開日:2021/8/26
更新日:2021/11/18

 

チラシ(PDF)

 

【お知らせ】第5回受付締切回以降に新設された賃金引上げプランについて
本補助金では、第5回受付締切回および第6回受付締切回において、賃金引上げを意欲的に実施する小規模事業者を優先的に採択する「賃金引上げプラン」が創設されました。なお、「賃上げ加点」は第4回受付締切回までで終了しました。
詳しくはこちらをご確認ください

■令和2年度第3次補正予算で執行される補助金で、令和3年度に6回公募があります。

小規模事業者持続化補助金(=持続化補助金)は、小規模事業者が経営計画を作成した上で行う販路開拓や生産性向上の取組を支援する制度です。
「低感染リスク型ビジネス枠」は、 感染拡大防止のための対人接触機会の減少と事業継続を両立 させるポストコロナを踏まえた 新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等 を支援する事業です。

丸わかり!持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>の手引き

■小規模事業者持続化補助金<一般型>との併願は可能です。
同一年度において双方の採択を受けた場合は、いずれかの補助事業を取り下げ、または廃止を行わなければ補助金を受け取ることはできません。

■申請はWEB上の補助金申請システム(Jグランツ)でのみ受け付けられます。必要に応じて地域の商工会の助言・指導の支援を受けることができます(商工会地域の事業者)。

■本補助金の公募、採択に関して地方事務局(京都府商工会連合会)は経由いたしません。
詳細は専用ホームぺージをご覧ください。ご質問等は<低感染リスク型ビジネス枠>補助金事務局コールセンターまでお問い合わせください。

【事業概要】

小規模事業者が経営計画及び補助事業計画 を作成して取り組む 、感染拡大防止のため の対人接触機会の減少と事業継続を両立させる ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に関する取組を支援するものです 。
〇補助上限:100万円
〇補 助 率:3/4
〇感染防止対策費については 、補助金総額 の1/ 4(最大25万円 を上限に 補助対象経費に計上することが可能です (緊急事態宣言の再発令による特別措置 を適用 する事業者 は政策 加点の他 、補助 金総額 の1/2 (最大50万円)に上限を 引上 げ)。なお、補助上限額100万円に上乗せして交付されるものではありません。
※新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)第32条第1項に基づき2021年1月7日に発令された新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言(以下「緊急事態宣言」という。)に伴う飲食店の時短営業又は不要不急の外出・移動の自粛により、特に大きな影響を受けたことから、2021年1月から同年3月までの期間のいずれかの月の月間事業収入が2019年又は2020年の同月と比較して30%以上減少した事業者
〇2021年1月8日以降に発生し発注・契約・納品・支払い・使用が行われ た経費について遡及適用が可能です。

【公募期間】

第5回申請受付が11月22日(月)13時より、開始されます。

申請受付締切:以下のとおり、複数回設けます(日程は予定であり、変更となる場合があります)。受付締切時間はいずれも17時です。締切間際の申請は混み合い、スムーズ に申請できない場合がありますので、余裕を持った申請をお願いいたします。

第1回:2021年 5月12日(水)
第2回:2021年 7月 7日(水)
第3回:2021年 9月 8日(水)
第4回:2021年11月10日(水)
第5回:2022年 1月12日(水)
第6回:2022年 3月 9日(水)

要領・様式

こちら(事務局HP)よりダウンロードしてください。

小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)コールセンター

<持続化補助金低感染リスク型コールセンター>

03-6731-9325

(受付時間:9:30~17:30、土日祝日除く)

関連HP

持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>【中小機構HP】

持続化補助金【京丹後市商工会HP】