新型コロナウイルス感染症に伴う会議等の開催に係る感染防止対策について

新型コロナウイルス感染症に伴う会議等の開催に係る感染防止対策について

全国に発令されていた緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルスの収束には長期間を要すると云われています。
京丹後市商工会では、今後の感染拡大の防止と本会の事業活動を実施する上で「WITHコロナ」を乗り切るため、令和2年年6月19日以降の会議やセミナー等の開催について、具体的に対策事項をまとめ感染防止を行っていきます。
なお、本対策は最低限の事項であり、また第2波に警戒しながら状況により適宜見直していきます。

1)セミナー・研修会・講習会の実施にあたっての感染防止対策

①3密(密閉、密集、密接)を避ける。
②1テーブル1名とし、四方、同程度の間隔をとる。
③参加者は、必ずマスクを着用。
④会場出入口に、手指消毒液を設置。
⑤会場の換気を常に行う。エアコン運転時も窓やドア等開けて換気を徹底。
⑥参加者は参加申込みを行った方のみ。(住所、名前等記載)
⑦参加者は指定座席に着席。
⑧会場定員の1/2以内を参加人数の限度とするが、②を厳守する。
⑨講師席は、受講者席から2m以上離れた位置に設ける。
⑩入室前の受付等で列ができる場合は、人と人の距離は2m(最低1m以上)の間隔をとる。
⑪一度に休憩する人数の調整。
⑫大声での会話や対面での会話とならないようにする。
⑬屋内の喫煙の禁止。なお、喫煙時の対人距離は2m(最低1.5m以上)の間隔をとり、会話をしない。
⑭セミナー等終了後は、全員が一斉に退出とならないようにする。
⑮会場使用の前と後は、不特定多数が接触する場所(ドアノブ、テーブル、椅子の背もたれ等)を清拭消毒する。
⑯室内での食事の禁止。
⑰当日及び研修前2週間以内に発熱や咳、体調不良があった方は参加を遠慮頂く。
⑱グループ演習は当面控える。
⑲新型コロナの感染状況等によっては、急遽、中止もあり得る。
⑳WEB形式での研修も考慮する。

2)会議

本会関係の会議の開催にあたっての感染防止対策。
①3密(密閉、密集、密接)を避ける。
②対人距離を2m(最低1m以上)の間隔。
③参加者は必ずマスクを着用。
④会場出入口に、手指消毒液を設置。
⑤会場の換気を常に行う。エアコン運転時も窓やドア等開けて換気を徹底。
⑥会場定員の1/2以内を参加人数の限度とするが、②を厳守する。
⑦大声での会話や対面での会話とならないようにする。
⑧屋内の喫煙の禁止。なお、喫煙時の対人距離は2m(最低1.5m以上)の間隔をとり、会話をしない。
⑨会議終了後は、全員が一斉に退出しない。
⑩会場使用の前と後は、不特定多数が接触する場所(ドアノブ、テーブル、椅子の背もたれ等)を清拭消毒する。
⑪発熱や咳、また体調がすぐれない人は出席を遠慮して頂く。

3)飲食を伴う会議(懇親会等)

本会関係の懇親会等の開催にあたっての感染防止対策。

①座席の間隔を十分に空けるなど、3密の環境を徹底的に排除する。
②マスクの着用ができないので、対人距離は2m(最低1.5m以上)の間隔。
③対面ではなく、横並びで座るのが望ましい。
④15名超での飲食は控える。15名以内でもイス席が望ましい。
⑤会食時間は1時間以内。
⑥会場の換気を常に行う。エアコン運転時も窓やドア等開けて換気を徹底。
⑦屋内の喫煙の禁止。なお、喫煙時の対人距離は2m(最低1.5m以上)の間隔をとり、会話をしない。
⑧会食前および席を立った際にはその都度、こまめな手洗いの敢行。
⑨大声での会話や対面での会話とならないようにする。
⑩飲食の時以外はマスクを着用。
⑪終了後は、全員が一斉に退出しない。
⑫発熱や咳、また体調がすぐれない人は出席を遠慮して頂く。

※アルコールを伴う懇親会は、上記に加え次の感染防止対策も行います。
 (令和2年7月7日以降の開催)
⑬大皿での取り分けや、トング、食器、箸、グラス等の共有や回し飲み禁止。
⑭対人距離は2m(最低1.8m以上)の間隔。
⑮10名超での飲食は控える。10名以内でもイス席が望ましい。
⑯会食時間は、1時間以内。
⑰お酌や接待する人の同席禁止。
⑱一次会で終了。